患者さん一人一人を
尊重した医療を目指し、
安心して受診していただける
クリニック

甲状腺

糖尿病

骨粗鬆症

診療時間
9:00 - 12:30
15:00 - 19:00

※ 休診日:水曜・祝日

2021年 6月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
2021年 7月
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

休診

午後休

お知らせ

  • 板橋区健診のご案内

    61日から1130日まで板橋区健診を行います。
    受診券は1031日までと記載されていますが、そのまま1130日まで使用可能です。
    お電話にて予約いただき、当日受診券を持参してご来院ください。
    大腸がん検診や肝炎ウイルス検診、前立腺がん検診なども同時に受診できます。
    10
    11月は混みあいますので、早めの受診をお勧めいたします。

  • 6月、7月の休診日のご案内

    6月休診日:
    2(水)、9(水)、16(水)、23(水)、30(水)

    7月休診日:
    7(水)、14(水)、21(水)、22(木)、23(金)、24(土)、28(水)
    注)東京オリンピックに関わらず、診療日と休診日は変更いたしません。

  • 練馬区検診のご案内

    5月6日から11月30日まで練馬区検診を行います。

    受診券が届きましたら、お電話にて予約を行ってください。

    大腸がん検診や肝炎ウィルス検診も同時に行うことができます。

    10月11月は予約が取りにくくなりますので、早目の受診をお勧めします。

  • 板橋区骨粗しょう症予防検診のご案内

    5月1日から令和4年2月28年まで、今年度の骨粗しょう症予防検診を行います。
    受診券が届きましたら、お電話にて予約を行ってください。
    当日検査を行い、その日の内に結果もお知らせできますので、1日で済みます。
    5年に一度の検査ですので、是非受診をお勧めします。

  • 板橋区骨粗しょう症予防検診終了のご案内

    2月28日にて令和2年度の板橋区骨粗しょう症予防検診が終了しました。

一覧へ

院長からの処方箋

  • 2021.05.30

    最新のHbA1c測定器と尿検査測定器

    今月よりHbA1c測定器が最新のものになりました。

    以前より最も精度の高いアークレイ社製の測定器を使用しておりますが、今月その最新型のものに変更いたしました。

    通常の健康診断などで用いられる簡易式の測定器ではHbA1c値が最大0.4程度誤差が生じてしまいます。

    しかし、アークレイ社製のものは10回測定しても誤差は0.1未満なので信頼できます。

    測定時間も短縮されましたので、採血から診察までお待たせしないように心がけたいと思います。

    また、尿検査についても、従来はテステープにて目視検査を行っておりましたが、今月からは機械測定に切り替えました。

    糖尿病では尿糖のみならず、尿蛋白も重要ですし、尿ケトンによりケトアシドーシスなどの病態確認ができます。さらに尿潜血により腎臓や膀胱の病気の発見につながることもあります。

    機械測定を行うことにより、さらに正確な判定が数値で確認できるため、病態の把握が適切に行えるようになります。

    以上、2つの新たな測定器により、患者さんの診断をしっかりと行っていきたいと思います。

    またコロナに感染した場合でも、健康な体調を保っていれば重症化を防ぐことができます。

    健康維持も大切な感染対策であることを心にとどめおきください。

     

     

  • 2021.01.25

    骨粗しょう症予防検診について

    板橋区在住の女性で40-70歳の方が5年ごとに対象となる検診です。

    2月28日まで実施しておりますので、まだ受診されていない方はお急ぎ受診してください。

    昨今のコロナ禍で、外出を控える方がとても多くなりました。

    感染予防のために不要な外出は控えることも大切ですが、一方で損なわれる健康もあります。

    骨密度はカルシウムやビタミンDを摂取するだけでは高くなりません。

    ビタミンDは実はホルモンですので、皮膚を日光に当てて活性化ビタミンDとなって初めて働くのです。

    少なくとも一日5分以上は日光を皮膚に浴びる必要があります。

    また、骨強度を上げるには、骨に力を加える必要があります。

    散歩などが理想的ですが、外出しなくても家の中で縄跳びのようなジャンプ運動でも大丈夫です。

    骨折してしまうと寝たきり生活の原因にもなりますし、車いすでの生活も不便なことが多くなります。

    こうした骨粗鬆症を検診で確認することができますので、一度受診をお勧めします。

    検診対象でない方でも、腰痛症や膝の痛みが持続するなどの症状のある方は骨密度の検査をお勧めします。

    コロナ予防ももちろん大切ですが、健康を維持することも忘れずに行いましょう。

一覧へ

一人一人の人格を尊重した医療を。

信頼され、必要とされるクリニックを目指します。

地域の方々がいつでも安心して相談できるホームドクターがいて、かつ専門的な医療も受けられる身近なクリニックを作りたいと考えていました。
場所は東武東上線成増駅および東京メトロ地下鉄成増駅より至近の、川越街道に面した交通至便の地です。働いていらっしゃる方にも受診していただきやすい地を選び、診療時間を設定致しました。誠実に応対させて頂きますので、皆様のホームドクターとしてご利用して頂ければと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

かとう内科クリニック 院長 加藤佳幸

理念

一人一人の人格を尊重した医療を実践します。

理念

医療を通じて社会に貢献することを責務と考えます。

理念

信頼され、必要とされるクリニックを目指します。