患者さん一人一人を
尊重した医療を目指し、
安心して受診していただける
クリニック

甲状腺

糖尿病

骨粗鬆症

診療時間
9:00 - 12:30
15:00 - 19:00

※ 休診日:水曜・祝日

2020年 5月
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
2020年 6月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4

休診

午後休

お知らせ

一覧へ

院長からの処方箋

  • 2020.04.28

    新型コロナウイルスについて-3-

    マスコミにて毎日報道されているコロナウイルスですが、ようやく新たな感染者数が減少傾向にあるようです。

    しかし、介護施設や病院などにて高齢者が犠牲になっており、まだまだ油断はできないと思います。

    今回で3回目の報告になりますが、予防はかなり広まっているので、今後は高齢者を守ることが課題になると考えます。

     

    【1】発病しない若年者と命を落とす高齢者

    クラスター対策が今までの主流であったことは報道されている通りです。

    しかし現在新たな感染者の70~80%は感染ルートが特定できない状態です。

    このままクラスターのみを追いかけても感染は止まりません。

    特に若年者は感染しても症状がなく、自覚しないまま他者へ感染を広めることが指摘されています。

    現在学校を休校してstay homeと呼び掛けているのもこのためです。

    ただしこれだけでは高齢者を守ることはできません。

    これからの課題はいかに高齢者への感染を防止するかなのです。

    介護施設や高齢の入院患者が多い病院、免疫抑制の治療を行う病院などへの感染予防が十分ではありません。

    特に外来と病棟を同じ医師が行う日本の医療現場において、院内感染は避けられません。

    コロナ感染が疑われる患者の外来は別の施設を設けて、入院患者へのルートを遮断すべきです。

    できるなら外来担当と入院担当の医療従事者も分けることが望ましいです。

    そしてお見舞いなどもできるだけ控え、不可欠な面談も感染予防ができる面談室を用意すべきです。

    理想を言えばキリがありませんが、コロナで死亡された方のほとんどが入院中の高齢者であることは事実です。

    できる限りの対応をすべきだと考えます。

     

    【2】コロナのPCR検査について

    海外ではPCR検査を簡便化して多くの方が検査を受けて自宅待機で感染拡大が予防できています。

    一方日本では希望してもPCR検査が受けられない実情があります。

    最も大きな理由は検査技師不足です。

    いくら検査キットが多くてもPCRを信頼できるレベルで行える人が少ないのが事実です。

    大学で研究している院生などPCRが確実に行える人に臨時検査をお願いするなど方法はあったはずでしょう。

    人間の専門的な技術に対する評価が日本ではとても低いのが原因だと感じます。

    遅くはなりましたが、今後いろんな方法でPCR検査数を増やす方向で検討されていくと思われます。

    そこで問題なのはPCR検査結果の評価になります。

    実はPCR検査は熟練した技師が行っても正確な結果を出すのがとても難しいのです。

    そのため一度陰性であった人が再度陽性になった場合に検査手法に疑問が残ります。

    現在2回連続で陰性であることが退院の目安とされていますが、それで十分かどうかの根拠はありません。

     

    【3】コロナの抗体について

    前回コロナに対する抗体の話を書きましたが、ようやくアメリカで抗体検査が実施されました。

    実はすでにコロナの抗体を持っている人が16%程度いたとの報告でした。

    日本においてはもっと多くの人が抗体を持っていると推測されます。

    ただし、抗体があることと感染しないことは一緒ではありません。

    例えば水痘(水ぼうそう)にかかった人は水痘抗体ができますが、ウイルスは生き残って将来帯状疱疹をおこします。

    ですので、コロナの抗体を検査する際にはできる限りPCR検査を同時に受けて、抗体がウイルスを駆逐したことを証明する必要があります。

    新しいウイルスの特徴を捉えるためにも抗体とPCRの同時検査により確実に「治った」との確認が望ましいと考えます。

     

    以上、私見を述べましたが、現実的には人材の問題が大きく、理想的な対応は困難であることは承知しております。

    しかし、感染症との戦いは永遠に続くものですので、今回のコロナをきっかけに将来に向けての対策を講じる議論を止めないことが大切だと思います。

    最後に、命を落とされた方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに、高齢者への感染防止対策が早急に講じられることを切に願います。

  • 2020.03.22

    新型コロナウイルスについて-2-

    前回の記載から1カ月ほど経過して、新型コロナウイルスに関する事実が次第に解明されてきました。
    開業医として実際に診療している現場から見えてきたことも踏まえて現状について書きたいと思います。


    【1】行動の自粛はどの程度必要なのか

    新型コロナウイルスの感染力は予想されていた程には高くないことが分かりました。
    1人の患者から感染する人は約1人という統計データが示されました。
    このデータはインフルエンザのような指定伝染病よりも低い感染力だということです。
    5人以上の集団感染がクラスターとして報道されていますが、集団全体の人数が分からなければ意味がありません。
    例えば1000人の濃厚接触者の内5人が感染した場合はどう考えるのが良いのでしょうか。
    実際に濃厚接触者の感染率は統計的に低く、濃厚接触をしない場合にはほぼ感染しないと考えられます。
    要はインフルエンザに対する予防が行われていれば十分予防できる程度の感染力だと分かってきたのです。
    こうした事実から通常の日常生活まで過度に自粛するのは効果的ではないと言えます。
    風通しの良い公園などで散歩をしても、感染のリスクはほとんどありません。
    折角桜の咲く季節なのですから、気分転換にも散歩はお勧めします。
    しかし、家に帰ったらうがいと手洗いはしっかりとしましょう。


    【2】基礎疾患のある患者さんの対応方法は

    新型コロナウイルスで重症化した患者さんには生活習慣病の基礎疾患のある方が多いとされています。
    もちろん通常の風邪の場合でも、基礎疾患のある方は重症化しやすいので特徴的なことではないと考えられます。
    また基礎疾患があることが理由で感染しやすいということもありません。
    中には外出を控えて運動不足になり基礎疾患そのものが悪くなり、体調を崩される方もいらっしゃいます。
    それでは本末転倒です。
    感染症を重症化させないためには、基礎疾患そのものを良好に保つことが最も重要なのです。
    そのためには、今まで通りの食事運動療法などをしっかりと継続することが大切です。
    基礎疾患を良くすることこそが、そのまま感染重症化を防ぐことになることを再確認していただきたいと思います。


    【3】日本で新型コロナウイルスが重症化しにくい理由は

    統計的には感染者の内、症状を伴う人(発病者)が10-15%程度と推測されています。
    つまり1000人の発病者がいれば10000人程度の感染者が潜在していると推測されます。
    逆に言うと85-90%の人は発病しない、すなわち既に新型コロナウイルスに対して抗体を持っていると考えられるのです。
    あくまで私見ですが、日本人はよく風邪をひきます。風邪が治るたびにその風邪の菌に対して抗体ができます。
    こうして過去に作られた抗体が新型コロナウイルスの発病を防いでると考えられます。
    実際に通常のコロナウイルスは4種類ありますが、子供などの風邪の原因菌としてありふれたものです。
    こう考えると若年者ではほぼ重症化しない理由として矛盾しません。
    一方で高齢者や基礎疾患のある方は重症化することが分かっているので注意が必要です。
     ただし、これは新型コロナウイルスの特徴ではなく、一般的な風邪でも同じことが言えます。
    昨年肺炎での死亡者数は10万人近くにのぼりますが、ほとんどが高齢者ですので十分な注意が必要であることは当然のことなのです。


    【4】いつまで新型コロナウイルスが続くのか

    新型コロナウイルスも結局はウイルスの一種ですので、通常のウイルスの広がりから推測することができると思います。
    例えばインフルエンザウイルスも梅雨の時期をこえて感染が持続した年はありません。
    湿度が高いとウイルスに水が付いて重くなり、空中に浮かぶことができず地面に落とされます。
    こう考えると6月ごろには一旦収束すると予測できます。
    しかしインフルエンザも全滅するわけではなく、夏には寒冷な地域で生き延びて、秋には再び増加してきます。
    また夏風邪などのように、体調を崩した人に感染しては細々と生き続けるウイルスもいます。
    もし新型コロナウイルスも広く日本全土に分布すれば通常のコロナウイルスのように風邪の菌の一種類として生き残るかも知れません。
    細菌学の視点から見れば、ウイルスは常に遺伝子を変化させて生き残りを図っています。
    すなわち常に新しいウイルスが誕生しており、いたちごっこのように人間は対応を迫られるのです。
    ですから、新型コロナウイルスに限らず、感染症の予防は日常的に行うことが大切なのです。
    恐れるだけでなく、しっかりと感染に対して対応を行うことが必要です。
    特に目、口、鼻、皮膚などからの感染を常に意識して予防することが対策の第一歩です。
    前回の繰り返しになりますが、うがいや手洗いをしっかりと行うことでほとんどの感染は予防可能なのです。

一覧へ

一人一人の人格を尊重した医療を。

信頼され、必要とされるクリニックを目指します。

地域の方々がいつでも安心して相談できるホームドクターがいて、かつ専門的な医療も受けられる身近なクリニックを作りたいと考えていました。
場所は東武東上線成増駅および東京メトロ地下鉄成増駅より至近の、川越街道に面した交通至便の地です。働いていらっしゃる方にも受診していただきやすい地を選び、診療時間を設定致しました。誠実に応対させて頂きますので、皆様のホームドクターとしてご利用して頂ければと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

かとう内科クリニック 院長 加藤佳幸

理念

一人一人の人格を尊重した医療を実践します。

理念

医療を通じて社会に貢献することを責務と考えます。

理念

信頼され、必要とされるクリニックを目指します。